令和元年7月30日(火)に「第38回全日本珠算技能競技大会」(全国大会)が東京都(会場:アルカディア市ヶ谷)において開催されました。坪内珠算学校からは4月に行われた「さんいん珠算競技大会」で島根県代表として2名が選ばれ出場しました。

 

全国大会は、全国各地から242名が集い『そろばん日本一』を目指して個人総合競技、団体総合競技、種目別競技(読上暗算・読上算・フラッシュ暗算)が行われました。

 

緊張感が漂う中、当スクールの選手たちも集中し懸命に競技に取り組みました。その結果、栗岡佑以子さん(島根県立松江北高等学校1年)が第2部(中学校以上の部)の団体総合競技において第3位に入賞しました。

 

生徒のみなさんは来年の全国大会出場に向けて日々の練習を積み重ねレベルアップを目指しましょう!

 

【出場選手】

〇第2部(中学校以上の部)

   栗岡 佑以子(島根県立松江北高等学校1年:内中原校)

   藤原 徹也(島根大学教育学部附属義務教育学校後期課程9年:内中原校)

 

【結果】

〇団体総合競技

   第2部(中学校以上の部) 

     第3位 栗岡 佑以子(同上)